経済経営学科

経済、経営、会計の専門知識からデータサイエンス、スポーツ・健康、観光ビジネスまで幅広く学びます。

社会の事象・現象をデータ分析し、本質を明らかにすることで、あらゆる課題の解決が目指せます。データサイエンスを学ぶことで、「見えないものを見る力」を身につけます。目まぐるしく変化し続ける社会で時代を先読みするための知識とセンスを身につけ、自ら課題を発見し、解決に導く創造力と行動力を高めていきます。

学科のニュース
  もっと見る

変革の時代を切り拓く6つの分野

未来社会を先取るゼミ体験で創造力と行動力を身につけよう。

■ 経済学


経済の仕組みや理論を学び、実践を通して理解することで、国際ビジネスや証券・金融業界などの第一線で活躍できる力を身につけます。

花崎 正晴 学科長、金融論、日本経済論、経済メカ二ズムやビジネスのあり方をテーマに、研究・発表の力を高めます。調べ学習のインプット×発表のアウトプットで理解を深め、解決策を探るスキルを修得します。[タップで拡大]

広瀬 明 教授、消費者行動論、ミクロ経済学、経済経営統計論、車の販売からアニメの経済効果まで、未来を読み取るデータを分析します。現場に足を運び、統計をとったり、ヒアリングも行います。社会へのアンテナを磨きます。[タップで拡大]

福永 肇 教授、ファイナンス、医学史、経営財務論、経済、経営から数学、農業、歴史まで、興味のあるテーマで学問を探求します。分野に関わらず、好きなテーマを掘り下げ、自分で学問を深める意識・姿勢を身につけます。[タップで拡大]

張 英莉 教授、経済史、アジア経営論、戦後日本の経済史、企業の歴史…経済を通して、現代社会を理解。コミュニケーション力と協働力を身につけるため、特にグループ研究を重視。発表も学生主導です。[タップで拡大]

 将来の進路
銀行・保険・証券 などの金融機関、企業全般、公務員 など

■ 経営学


変化が著しい社会を牽引するためのマネジメントやマーケティングを学び、時代の一歩先を進むビジネスリーダーや起業家を育てます。

反田 和成 教授、企業論、中小企業論、企業のビジネスモデルの変革を学びイノベーション力を身につけます。ゼミ生は興味がある分野の企業の課題を抽出し、調査分析の上、解決策を自ら導き出していきます。[タップで拡大]

文 智彦 教授、経営戦略論、経営戦略論、経営学、最新の経営戦略を分析し、新しいビジネスモデルを考えます。学生同士でのディスカッションを重視し、企業分析において多角的な考え方を身につけます。[タップで拡大]

大江 清一特任准教授、経営倫理、経営学総論、経営管理論、金融、野球、アパレル、スケボー…経済・経営理論を用いてひも解く。知的興味に基づき、論理的思考をもって高質の論文を生み出せるよう指導しています。[タップで拡大]

 将来の進路
企業の海外営業、貿易事務、物流企画、経営コンサルタント、企業の企画・営業・販売・広報・宣伝 など

■ 会計学


会計の知識を段階的に身につけ資格取得に挑みます。企業を分析する力を養い、グローバル化していくビジネスに挑む会計の専門家を目指します。

吉田 雄司 学部長、環境会計、サステイナビリティ学、初級簿記、環境会計論、持続可能な企業社会における、会計の役割を究明していきます。環境会計をテーマに、「環境報告書」などを用いて、企業の非財務データを評価します。[タップで拡大]

李 相和 教授、会計学、財務諸表論Ⅰ・Ⅱ、国際会計論、世界の会計事情に関わる国際会計でグローバル感覚を磨きます。会計の基本を学習してから、国際ビジネスでの活躍を目指せる国際会計の知識を深めます。[タップで拡大]

大塚 浩記 教授、財務会計、インターンシップ Ⅰ・Ⅱ、上級簿記、「日経STOCKリーグ」に参加。社会を知り、企業を見る目を養います。学生のための株式学習コンテストに参加。社会的課題の解決の観点で投資先を考えます。[タップで拡大]

佐藤 正勝 教授、国際租税法、租税法、租税法Ⅰ・Ⅱ、税についての論文完成が目標。社会人基礎力を養成します。「なぜ!」を大切にすることで本質を知り、「事実・基準・効果」を通して、論理的な考え方を身につけます。[タップで拡大]

 将来の進路
企業の会計・財務・経理・総務、税理士、公認会計士、国税専門官、監査法人、会計事務所 など

■ データサイエンス


データの収集や多様な分析方法を学び、さらに分析の結果から自ら考え判断し、あらゆる領域の課題解決に取り組む力を育みます。

 

埼玉学園大学は、数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアムの会員校(連携校)として承認されました。

 

データサイエンス科目群/2021年4月新設

プログラミングⅠ/プログラミングⅡ/経済統計学/データサイエンス/プラットフォーマービジネス/フィンテックとデジタル社会/AI(人工知能)/暗号資産とブロックチェーン

村田 嘉弘 教授、数理解析、情報教育、データサイエンス、実践的データサイエンスとそのAIへの応用を学びます。体系的知識と様々なノウハウにより、データサイエンスを使いこなせるようになります。[タップで拡大]

村田 嘉弘 教授(専門分野: 数理解析、情報教育)

データサイエンスという分野は、統計学とデータマイニングを中核にその他のデータ分析手法が流れ込んで出来上がった領域です。小規模データから超大規模データまで、また、多種多様なデータを各種ソフトで分析します。データサイエンスはとても大きな威力を発揮するのですが、使いこなせる人材が極めて少ないため、金融、公務、流通、マスコミ、IT、運輸、医療、その他ありとあらゆる分野でデータサイエンティストが求められています。



森 雅俊 教授、AI(人工知能)、暗号資産とブロックチェーン、AIとITを自分の武器とし、経済経営に関する情報技術を研究。AIを学び、経営・経済の新分野フィンテック(金融サービスの情報技術)に取り組みます。[タップで拡大]

森 雅俊 教授(専門分野: AI(人工知能))

今日の情報化社会で注目さている、人工知能(AI)とデータサイエンスを学びます。
情報をデータとして蓄積し、それを抽出・加工して分析する技術や手法がデータサイエンスです。
このデータには、画像、動画、音声、テキスト文章などがあり、AIによって解析・分析され、人工的な知能として発展しています。

 



森 雅俊 教授による講義動画はコチラ
「AIの理解とその活用について」

 将来の進路
データサイエンティスト、AIクリエーター、データエンジニア、WEBエンジニア、UXデザイナー、研究職 など
 

■ 観光ビジネス


観光・旅行業界での活躍を目指し、経営、マーケティング、広報宣伝などを学び、観光ビジネスに必要な国際感覚やホスピタリティを身につけます。

観光ビジネス専門科目群/2018年4月新設

旅行ビジネス論/観光ホスピタリティ論/宿泊業経営論/観光マーケティング論/旅行業法/かしこい旅行実務論/世界遺産と観光業/エコツーリズム

 

冨吉 光則 講師(川口短期大学 准教授)(専門分野:観光学)

冨吉 光則 講師(川口短期大学准教授)(専門分野: 観光学)

観光ビジネスは、宿泊、交通機関、食事・入園などの旅行サービスそのものを提供すること、またそれらを仲介する旅行会社が企画販売するパッケージツアーや手配旅行のビジネスモデルを指します。観光学はホテルビジネスやエアラインビジネスだけではなくホスピタリティ論・テーマパーク論等、おもてなしに通じる対象範囲が広い科目群でもあります。2003年から日本はインバウンド政策を推進し、魅力発信に力を入れています。今や観光先進国に並ぶほど成長著しい業界となっています。

PICK UP!

旅行ビジネス論

旅行・観光業界の実態と今後の動向を理解し、主要産業の概略を学習します。主に航空会社、宿泊産業、テーマパークなどを取り上げます。

宿泊業経営論

宿泊産業(主にホテルや旅館)の現状や経営上の問題点を整理し、より良いサービスを提供するための方策を考えます。

将来の進路

旅行会社の企画営業スタッフ、ホテルスタッフ、空港グランドスタッフ、航空会社、ブライダルサービス、ツアーエスコート会社 など

 

■ スポーツ・健康


「スポーツ」「健康」とビジネスの関わりを学び、「健やかな生活」を実現させるためのモノ・サービスを創造できる人材を目指します。

薄井 和夫 教授、マーケティング論、スポーツマーケティング論、マーケティングをスポーツに応用し、新たな視点でビジネスを考えます。チーム経営、スポーツとメディア、オリンピックの収益構造など、多彩なアプローチで学びます。[タップで拡大]

薄井 和夫 教授による講義動画はコチラ
「スポーツとマーケティングの出会い」

 

一戸 真子 教授、医療経営学、ヘルスケアサービス・マネジメント、健康・保健・医療福祉・介護…新たなビジネスの可能性を探ります。ウェルネスビジネスという、人生100年時代の新たな学問をグローバルな視点で学びます。[タップで拡大]

スポーツ・健康科目群/2017年4月新設

スポーツマネジメント論/スポーツマーケティング論/スポーツ企業経営論/生涯スポーツ論/健康ビジネス論/スポーツ心理学/スポーツ文化論/スポーツ栄養学/スポーツ指導論

スポーツ健康科目群_画像_mod

社会人の健康志向、運動や食生活への関心の高まりに伴い、「健やかな生活」
を実現させるためのモノ・サービスが注目されています。経済経営学科では、「スポーツ」「健康」とビジネスの関わりについて、その仕組みと展望を学ぶ科目を充実させ、スポーツの発展、人々の健康に貢献できる人材の育成を目指します。

スポーツビジネスに興味がある!

スポーツ・健康科目群

テレビの放映権やスポンサー料、何万人もの観客が集まるスタジアム、地域振興や町おこし……さまざまな規模で展開されるスポーツビジネスを学んでみませんか。

PICK UP!
● スポーツマネジメント論
スポーツマンシップ、スポーツメーカーなどのスポーツ関連産業&ビジネスのために必要な、マネジメントを学びます。
 
● スポーツ企業経営論
スポーツ・フィットネスクラブの経営管理を学びます。一部上場会社のフィットネスクラブの生きた経営戦略、財務戦略などを学びます。
 将来の進路
スポーツクラブの運営、インストラクター、スポーツメーカー、イベント企画、健康・医療・福祉・食品ビジネス関連企業 など
 

 

 

経済経営学科の特色

 

1年次の6分野を横断的に学び、2年次より興味や関心に合わせて学びを深める。[タップで拡大]

Point 1
1 年次に授業や少人数の演習ゼミを通じて経済、経営、会計、スポーツ健康、観光ビジネスの基本を総合的に学び、2年次以降、自らの適性・興味・進路に応じた学びに進めます。
Point 2
学科の正課授業で学習した総合的な知識をさらに確実なものとするため、無料で開設している各種資格取得講座を受講して、資格を取得し、就職の内定につなげることができます。
Point 3
さらに学問を究めるために、大学院経営学研究科が併設されています。本学の優秀な卒業生には授業料が免除され、進学・修了できます。税理士資格科目の一部免除が受けられます。

 

実社会と接点を持ちビジネスの最前線を学ぶ。

各業界のトップ企業の人事担当者たちを招く授業「ビジネス社会と出会うⅠ・Ⅱ」を開催。インターンシップ(就業体験)やゼミ活動においても、多岐にわたる企業との連携が行われています。企業の第一線で活躍中の人の話を聞くことにより、ビジネスパーソンならではの物の見方や考え方と出会うことができます。

 

経済経営学科で取得できる免許状・資格

●高等学校教諭一種免許状(商業)
●税理士(受験資格)
●公認会計士
●日商簿記
●ファイナンシャル・プランニング技能士
●リテールマーケティング(販売士)
●学校図書館司書教諭(教員免許状取得者が対象)
●図書館司書

●博物館学芸員
●アシスタントマネージャー
●スポーツプログラマー
●スポーツリーダー
●ブライダルプランナー
●宅地建物取引士
●国内旅行業務取扱管理者

経済経営学科の将来の進路

●高等学校教諭(商業)
●税理士
●公認会計士
●経理事務
●ファイナンシャルプランナー
●金融・保険業
●広告・サービス
●商社・メーカー
●小売業

●不動産業
●スポーツショップ
●スポーツクラブ
●データサイエンスティスト
●航空会社
●空港グランドスタッフ
●ブライダルサービス
●ツアーエスコート会社

豊富な支援行事ときめ細やかな個別サポート

埼玉学園大学では、個々の学生の性格や希望に沿ったきめ細かい指導を心がけ、学生一人ひとりに対応しています。
キャリアセンター(キャリア支援課)では、スタッフ全員が、常時相談に応じ求人の紹介を行い、就職内定を得るまで継続してサポートします。

ゼミナール

経済、経営、会計の知識を社会に還元

少人数で専門科目の理解を深めるゼミナール。1年次(教養演習)、2年次(基礎演習)、3・4年次(専門演習・卒業論文又は卒業研究)と、学年ごとに内容がステップアップし、無理なくディベートや発表、論文作成の技術が習得できます。

演習プログラム

1~4年次まで10名程度の徹底した少人数制による演習(ゼミナール)を、一貫して用意しています。
1年次
教養演習I・II

「聞く」「話す」「書く」などの<ことば>を操るための基本的な力を養います。人前で話す、メモをとる、短い文章を書いてみる等の訓練を通して、一人ひとりの学生の中にある、思考力やコミュニケーション能力を掘り起こしていきます。

2年次
基礎演習

自分の関心に即したゼミを選択します。
資料の探し方やまとめ方、報告の具体的な方法などを学びます。文献を読み解き、問題を堀り下げて考える力を身につけて、3年次以降の専門的な勉学をより豊かに発展させるための知的体力を養います。

3年次
専門演習

より深く学びたい分野を選択します。
それぞれの関心にそった問題を、さらに専門的に追究していきます。自分の力で考え判断し、21世紀を生き抜くための総合力を身につけます。

4年次
卒業論文又は卒業研究

大学生活の総仕上げ。
テーマ決定から執筆までの論文作成のすべての過程を専任教員がきめ細やかに指導します。

 

 

経済経営学科

学科長メッセージ

花崎 正晴

花崎 正晴

経済経営学科 学科長

大きな転換期を生き抜く力を高めます。

世界は大きな転換期を迎えています。先行き不透明な時代に、日本が、
そして自分自身が生き抜くために経済学・経営学はとても有益な学問です。
学生のうちから、実際のビジネスや社会における課題に取り組むことで、
自らの頭で考え、問いを見出し、解決を導く力を身につけてください。

 

先輩メッセージ

 

金融業界

FP2級(国家資格)、宅地建物取引士(国家資格)を取得できたので、
就職への自信と希望が広がりました。

経済経営学部経済経営学科 4年生
(東京都立足立新田高等学校出身)

経済学(分野)を目指す私が選んだ授業
マーケティング論 × 国際金融論 × リスクマネジメント論

●経済学科目群
マーケティング論では経営に関する基礎知識を十分に学ぶことができました。あらゆるリスク回避を学べるリスクマネジメント論は、将来保険業や金融業に活かせるので、FP2級取得を目指している私にも最適の授業です。

 

経営コンサルタント

美容に関わる経営ビジネスを学んで、
自信と笑顔になる化粧品の開発や企画に携わりたい。

経済経営学部経済経営学科 2年生
(埼玉県立三郷北高等学校出身)

経営学(分野)を目指す私が選んだ授業
経営学 × 経営管理論 × ヘルスケアサービス・マネジメント

●経営学科目群
経営学では経営戦略やマーケティングなどの基礎を学ことができるので、同時に思考力も向上できます。美容と健康に関連するヘルスケアサービス・マネジメントから保健・医療・介護・福祉の重要性も学べます。

 

税理士・公認会計士

公認会計士の国家資格を取得するために、
放課後に開催される講座の勉強を日々頑張っています。

経済経営学部経済経営学科 3年生
(埼玉県立深谷第一高等学校出身)

会計学(分野)を目指す私が選んだ授業
原価計算論 × 経営分析論 × インターンシップ

●会計学科目群
将来、公認会計士を目指す私にとって、上記3つの学びはどれも、必要不可欠で、企業分析や原価計算・工業簿記を体系的に理解することができ、インターンシップでコミュニケーション力と人前で話す力が身につきました。

 

観光業界

観光業界を目指すために埼玉学園大学に入学し、
その専門分野を学べる今が充実しています。

写真左:経済経営学部経済経営学科 2年生
(埼玉県立草加東高等学校出身)
写真右:経済経営学部経済経営学科 2年生
(叡明高等学校出身)

観光ビジネス(分野)を目指す私が選んだ授業
旅行ホスピタリティ論 × 旅行業法 × 世界遺産と観光業

●観光ビジネス科目群
将来、旅行関係の仕事に就きたいと思い、授業内容や資格が充実している埼玉学園大学を選びました。国内旅行業務取扱管理者(国家資格)取得のためには、どの授業も身になることが多く、大変充実しています。

 

営業企画

お客様に住宅ビジネスを提案するために
マーケティングによるデータ分析が不可欠です。

経済経営学部経済経営学科 4年生
(足利大学附属高等学校出身)

データサイエンス(分野)を目指す私が選んだ授業
経済統計学 × データサイエンス × マーケティング論

●データサイエンス科目群
内定先の住宅会社は土地活用など、賃貸住宅ビジネスをお客様に提案します。授業で学んだ、データを得るためのマーケティングとデータを分析するための知識は就職後に必ず役立つと思います。

 

スポーツマネジャー

小さい頃から続けている大好きなサッカー、
将来はスポーツに関わる仕事で業界に貢献したい。

経済経営学部経済経営学科 3年生
(埼玉県立草加西高等学校出身)

スポーツ・健康(分野)を目指す私が選んだ授業
スポーツ指導論 × スポーツマネジメント論 × スポーツ企業経営論

●スポーツ・健康科目群
スポーツ指導論では、運動中のアクシデントなどの対処法も学ぶことができ、スポーツマネジメント論、スポーツ企業経営論で、スポーツを取り扱う組織の経営方法や管理方法など企業の存続・成長を学ことができます。

 

将来の目標は、大学で学んだ簿記を活かして税理士として活躍することです。その第一歩として地元の税理士事務所への就職を叶えました。就活で心掛けたのは、万全な準備です。キャリアセンターからアドバイスをいただき、早期の履歴書提出や面接当日のお礼メールなどで自己アピールできたと思います。また、面接では「言葉につまってもいいから伝えたいことを言おう」と心掛けたことで、自分の思いが面接官の方に通じたのだと思います。

 

ゼミで環境会計を学び、エコへの関心が高まりました。社会に貢献できるインフラに携わりたいと考え、選択したのが環境性に優れたガス業界です。就職活動では、授業で教わったマナーを身につけることを徹底しました。面接試験では、立ち居振る舞いなどをスムーズに行うことができ、面接官の方にほめていただけるなど、手応えを感じました。将来はエコに関する知識を活かし、安心安全なガスの供給に携わりたいと思っています。

 

取引額が大きく、スケールの大きな仕事ができることから不動産の仕事に興味を持ちました。エクステンションセンターで宅地建物取引士資格試験講座を受講し、学生のうちから不動産の知識を得たことで就職への思いが強まり、就職活動での自信にもなりました。東建コーポレーションを選んだ理由のひとつは、働く女性への支援が充実していることです。不動産の営業職として結果を出し、つねにキャリアアップを目指していきたいと思っています。

 

株式会社栃木銀行 内定 

資格取得で身につけた金融の知識を活かして、
お客様の生活を豊かにしたいです。

経済経営学部経済経営学科 2021年3月卒業生
(浦和学院高等学校 出身)

高校時代から「すべての人が豊かに暮らせる社会づくりに貢献したい」
という思いがあり、金融業界への就職を目指して二種外務員資格、宅地建物取引士資格、
ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、ITパスポートを取得。
努力のかいあって、上場企業である栃木銀行から内定をいただくことができました。
将来は営業の仕事に携わり、保険や投資、資産運用などの専門知識を深め、
お客様のお金に関する悩みを何でも解決できる銀行員になりたいです。

日本貨物鉄道株式会社(JR貨物) 内定 

憧れの鉄道業界で、人の役に立つ仕事をする。
サイガクだから実現できた夢です。

経済経営学部経済経営学科 2021年3月卒業生
(埼玉県立八潮南高等学校 出身)

幼い頃から鉄道が大好きで、ホーム補助員のアルバイトをきっかけに
「鉄道に関わる仕事に就く」という夢ができました。
在学中に社会人としてのマナーや仕事との向き合い方を指導してくださったゼミの先生、
就職活動を応援してくださったキャリアセンターの方々には、心から感謝しています。
実務経験を積んだ後は、“運転士”にもチャレンジしたいと考えています。
そしていつか現場のリーダーとなり、日本の物流を動かす仕事をすることが目標です。

株式会社エスピック(ITコンサルタント) 内定 

自分の価値を最大限高めることができる
企業に出会うことができました。

経済経営学部経済経営学科 2021年3月卒業生
(東京都立足立新田高等学校 出身)

就職活動では、本当に自分を必要としてくれる企業に行きたいと
考えていました。アマチュアバスケットクラブを立ち上げたり、
アルバイト先で店長を務めたり、自信を持って色々なことにチャレンジする姿勢を評価され、
複数の企業から内定をいただくことができました。
エスピックは、若手でも意欲があれば新しい事業に挑戦できる環境です。
「ITコンサルタントとして起業する」という目標に向かって、
これからも自分の価値を高め続けていきたいと思います。

 

埼玉学園大学大学院 経営学研究科 進学 

公認会計士・税理士の資格を取得して、
簿記会計のプロフェッショナルになりたいです。

経済経営学部経済経営学科 2021年3月卒業生
(川口市立川口総合高等学校(現 川口市立高等学校) 出身)

高校時代に簿記を学んだことが、経済経営学科を志望するきっかけでした。
ゼミの先生の勧めもあり、日商簿記検定1級やファイナンシャル・プランニング技能検定3級、eco検定など、様々な資格にチャレンジ。その中で「もっと上を目指したい!」という意欲が
芽生え、公認会計士資格を取得するために、大学院進学を決めました。
「会計士試験」「税理士試験」合格を目指し、さらに学びを深めていきたいです。

 

 

 

 

 

 


 

c 2016-2022 Saitama Gakuen University. All rights reserved.