教育方針(ポリシー)

Ⅰ.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

経済経営学科では、「自立と共生」という本学の教育理念のもとに、幅広い教養と経済経営に関する専門的な知識・技能を身につけ、社会で自立して活躍できる人材の養成を目的とします。このため、本学科では変化の激しい知識基盤社会に対応するため、経済学、経営学、会計学、スポーツ健康ビジネス、観光ビジネス分野の幅広い専門知識・技能を学修し、たゆまず学び続ける自己研鑽力、豊かな人間性を兼ね備えた問題解決能力を有する人材の養成に努めています。

本学科の学位は、4年以上在学し、所定の科目履修の合計124単位以上を修得することにより学士(経済経営学)が授与されます。全学共通科目(外国語など必修科目を含む)から36単位以上、学科専門科目から68単位以上(必修科目を含む)、その他、全学共通科目、自由選択科目などから必要単位を修得する必要があります。

本学科の学位授与の要件は、次の通りです。

① 豊かな人間性を備えた企業人・社会人になるための幅広い専門教養を身につけ、他者への理解力、共存・共創する能力を修得していること。

② 経済のグローバル化と知識基盤社会における地域経済の活性化に対応するため、経済、経営、会計、スポーツ健康の分野の専門知識・技能を修得し、かつ自己で考え、判断し、論理的に表現できる能力を身につけていること。

Ⅱ.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

経済経営学科は、情報通信技術(ICT)の発展、経済の国際化の進展する知識基盤社会において、専門知識・技能を身につけた社会で自立して活躍できる有為な人材を養成します。

このために、本学科の教育課程は、全学共通科目、学科専門科目及び自由選択科目によって構成されています。

全学共通科目は、日本文学などの人文科学、環境学などの自然科学、経済学入門などの社会科学分野と外国語科目分野で構成され、他学部の科目から自由に選択できる自由選択科目とともに、豊かな人間性を備えた社会人になるための幅広い専門教養を身につけ、他者への理解力、共創する能力を育てることを目指しています。

また、学科専門科目は、経済科目群、経営科目群、会計科目群、スポーツ健康科目群、観光ビジネス科目群、そして共通科目群により構成され、経済経営に関する専門的な知識と技能を身につけさせるための科目です。

本学科の教育方法の特質の1つは、経済・経営・会計・スポーツ健康・観光ビジネス科目群の学問分野の専門基本科目を1年次に広く学修し、2年次以降には各専門分野のなかから、自己の興味・適性・進路にそった各論科目を学び、自己の適性・進路に合った専門分野の高度な専門知識・技能を学習できるように科目配置しています。入学時に自己の進路に迷っている学生でも、1年次で各専門分野の基本を学べることから、進路決定のために1年次から広く専門を学べるという特質があります。

その特質の2つは、学生の興味・適性・進路を尊重して、自己の持っている個性・適性を早いうちに見極め、2年次以降の専門分野の学問研究を深堀できるよう、1教員5~10名程度の少人数の「演習」授業を1年次から4年次まで継続して行っています。教員による1人ひとりの顔の見える個別指導方法です。1年次「教養演習Ⅰ」(春期)、「教養演習Ⅱ」(秋期)、2年次「基礎演習」(通年)、3年次「専門演習」(通年)、4年次「卒業論文又は卒業研究」(通年)です。演習授業は、学生1人ひとりの人格を尊重した、専門知識・技能を修得し、自己で問題を捉え、問題解決方法を見つけ、論理的に表現し、他者と共存・共創の能力を身につけることを目指しています。こうした教育課程の実施を通じながら、学生の「学ぶ楽しさ、知るよろこび」の体験と、自律的・積極的な学修への取り組みを促します。

その特質の3つは、4年間の学修の集大成として、演習指導の教員の下で「卒業論文又は卒業研究」を作成し、「卒業論文合同発表会」でプレゼンテーションを行います。

演習では、学生がしっかりとした意見を持ち、議論の相手に理解してもらえるように主張できることが求められます。混沌とした現代経済において、企業などは、課題を見つけ、課題を解決する処方箋を作成し、実際に解決する能力を有する人材を求めています。現代社会の要請に応える上できわめて重要な科目が4年間にわたる演習でもあります。

その特質の4つは、学生の勉学支援のための「情報メディアセンター」(図書館)、資格取得支援のための「エクステンションセンター」及び、就職支援のための「キャリアセンター」を学内に併設しています。各センターでは、学習全般、資格取得や就職活動の支援を専門スタッフにより積極的に行い、学生が専門知識・技能を職業人生で活かし続けられる人材の養成に努めます。

Ⅲ.入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

© 2016-2020 Saitama Gakuen University. All rights reserved.