子ども発達学科 三浦正雄教授の学外授業の一環で「国際子ども図書館」と「相田みつを美術館」を見学してきました。

12月7日に子ども発達学科 三浦正雄教授の保育内容の研究(言葉)Ⅱにおいて学外授業の一環で「国際子ども図書館」と「相田みつを美術館」を見学しました。
保育内容の研究(言葉)Ⅱの授業では、毎年、幼児教育・初等教育にたずさわる学生の児童文学・児童文化に関する基礎知識の習得のために、様々な施設を見学しています。
童話・絵本などの児童文化財を学ぶ学習の一環として、世界中の児童書を揃えた豊富な蔵書にふれる目的や文献調査の方法を学ぶ目的もあり、国立国会図書館の支部図書館である上野の国立国際子ども図書館を見学しています。
また、教育者ならば必ず知っておくべき存在である書家・詩人の相田みつを氏の作品と活動の一端にふれる目的で有楽町の東京国際フォーラム内にある相田みつを美術館に出向いております。この他にも児童文学・児童文化を学ぶために様々な博物館・美術館・展覧会・図書館などを見学しています。

© 2016-2020 Saitama Gakuen University. All rights reserved.