2022年1月18日(火)に経済経営学部経済経営学科反田和成ゼミ1年生がプレゼン発表会を行ないました。

2022年1月18日(火)1時限目「教養演習Ⅱ」の講義内で、経済経営学部経済経営学科 反田和成ゼミでは、所属しているゼミ生(1年生)によるプレゼン発表会を行ないました。
この講義では、経済・経営関連の興味のある分野に関して、新聞・雑誌・文献などから題材を求め、企業の基礎的な概要(会社の社会的役割・組織・経営・雇用形態など)について学びを深めることができます。経営戦略・マーケティング戦略・海外戦略・未来像などの経営分析を行い、レポートにまとめ、発表・質疑応答を繰り返すことで、大学生としての基礎力である「書く・伝える・話す」のほか、ファシリテーション力(ゼミの司会進行)も身につくようになります。
今回、プレゼン資料の作成・発表も、初めての経験となる学生が多い中、反田和成教授の指導のもと、発表内容や資料の改善を繰り返し、プレゼン発表本番を迎えました。

受講している学生からは、

  • 今まであまり学んだことのなかったPowerPointの作り方や発表のコツを学ぶことができた。
  • 講義で自分の意見や質問をする時間があることによって、より理解を深めることができるため、この講義を受けて良かった。
  • 将来に必要なことはもちろんなのですが、反田教授の所だけでしか学べないものがあるので
    良かったと思っている。

といった感想があり、新しい知識を得て理解を深めることもでき、自分自身の力に繋がったことを実感したようです。
今回のプレゼン発表会は、企業の分析能力やファシリテーション能力の向上だけでなく、学生自身にとっても、新しい経験をしたことによる「自信」にも繋がる良い機会となりました。

© 2016-2022 Saitama Gakuen University. All rights reserved.