2017年7月30日(日)森本昭宏教授がイタリア国際彫刻シンポジウムに招待され公開制作を行いました。

日 時:2017年7月24日(月)~31日(月)(集合解散含む)

大会テーマ:「木の光と影」

大会会場及び主催:イタリア・トレンティーノ・アルト・アディジェ州・カステロテジーノ市

会場:イタリア・カステロテジーノ市中央公園

作品題目「fertilità(豊穣)」

 

「光と木の影」と題したこの国際木彫シンポジウムは2002年に開始され、それ以来、年々イベントが継続的に増加していき、今回が16回目の大会となります。イタリアを中心とした作家18名と世界から公募で入選(招待)された8名の合計26名が、公開制作という形で作品を競い合う大会です。直径60cm×高さ2mの一木を約1週間で制作。会期中に多くの市民、子どもたちと作家は触れ合い、国際交流を持たれたそうです。この作品は大会後、市の図書館に常設されました。

森本昭宏作品「豊穣」

森本昭宏作品「豊穣」

最終日の会場風景

最終日の会場風景

制作風景

制作風景

大会パンフレット表紙

大会パンフレット表紙

最終日の会場風景(鑑賞会)

最終日の会場風景(鑑賞会)

最終日の会場風景(鑑賞会)

最終日の会場風景(鑑賞会)

彫刻家たちとの記念撮影

彫刻家たちとの記念撮影

市内映画館会場での閉会式

市内映画館会場での閉会式

 

 

© 2016-2020 Saitama Gakuen University. All rights reserved.