新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の対策・取組について

 埼玉学園大学・川口短期大学では、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため様々な対策・取り組みを行っています。
新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためには、一人ひとりが適切な行動をとることが必要です。ご協力をお願いいたします。

【感染対策についての徹底】

・マスク・手洗い・アルコール消毒・換気、三密回避を徹底しましょう。
・日中も含めた不要不急の外出・移動を自粛しましょう。
・混雑している場所や時間を避けて行動しましょう。
・飲食の際は「マスク飲食」「黙食」を徹底しましょう。
・会食は同居家族以外ではいつも近くにいる4人までとし、長時間にならないようにしましょう。
・発熱、咳や痰・息切れ、味覚・嗅覚の異常、下痢、その他の風邪症状がある場合(同居されている方を含む)は、入構できません。

【感染防止の対策・取り組み】

・構内では、常時マスクを着用します。
・入構時には、サーマルチェッカーによる体温測定(検温)をします。(37.5℃を超える場合は入構できません。)
・教室内の窓や扉、廊下の窓を解放しています。
・各階に手指消毒液を配置しています。
・教室やカフェテリアの机、トイレ、エレベーターのボタン、教室のスイッチ、事務室のカウンター等は定期的に消毒しています。
・事務局の窓口は飛沫防止のためのビニールシートを設置しています。

<カフェテリア>
・カフェテリアカウンターに飛沫防止のためのビニールシートを設置しています。(1m以上の間隔をあけてカウンターに並んでください)
・カフェテリアのテーブルは距離を保つため1席おきとし、対面にならないよう表示しています。
・昼食をとることが可能な教室、中庭やダイニングホールを用意しています。
・提供までに時間のかからないメニューや弁当を用意しています。

<スクールバス>
・マスクの着用を必須とし、車内での私語及び飲食は禁止しています。
・窓を開放して運行し、定期的に消毒を実施しています。
・1台あたりの乗車の人数制限をしています。(乗車できないこともあります。東浦和駅からの徒歩や自転車通学を推奨します。)

© 2016-2021 Saitama Gakuen University. All rights reserved.