羽鳥健司准教授と小玉正博教授がヨーロッパ健康心理学会で研究発表を行いました

日 時
2017年8月30日(水)~9月2日(土)
大会会場
イタリア・パドヴァ大学

羽鳥健司准教授と小玉正博教授は、イタリア・パドヴァ大学で開催されたヨーロッパ健康心理学会(EHPS 2017)第 31回大会(大会テーマ:Innovative ideas in Health Psychology)に参加し、日本人大学生を対象としたポジティブな記憶想起のもたらすウェルビーイング効果に関する研究発表を行いました。本研究は、現在共同研究を進めている日本学術振興会科研費課題研究の一部を発表したものです。

© 2016-2020 Saitama Gakuen University. All rights reserved.