令和元年度第2回修士論文中間報告会を開催しました。

大学院各研究科において、令和元年度第2回修士論文中間報告会等を開催しました。


令和元年度経営学研究科第2回修士論文中間報告会を開催しました。

11月11日(月)に本学3号館201教室で令和元年度経営学研究科第2回修士論文中間報告会が開催されました。大学院生一人ひとりが研究の背景や目的、これまでの調査研究の進捗状況、今後の研究計画などを報告しました。各発表内容は次の通りです。

-発表内容-
(第2回修士論文中間報告会) 発表者:博士前期課程2年次生
・過大役員退職給与に関する一考察
・所得税法9条1項16号の一考察-生保年金二重課税事件を題材に-


令和元年度心理学研究科修士論文構想発表会・第2回修士論文中間報告会を開催しました。

10月23日(水)に本学3号館心理学実験室で令和元年度心理学研究科修士論文構想発表会・第2回修士論文中間報告会が開催されました。大学院生一人ひとりが研究の背景や目的、これまでの調査研究の進捗状況、今後の研究計画などを報告しました。各発表内容は次の通りです。

-発表内容-
(修士論文構想発表会) 発表者:修士課程1年次生
・大学生における中学・高校生活のネガティブな 経験による大学生活適応感への影響
・大学生の自己複雑性がホープと自己成長主導性に及ぼす影響
・アイデンティティ危機後の心理的居場所獲得が、大学生の適応感(自己同一性等)に及ぼす影響について
・共感性が大学生の迷惑行為へ 及ぼす影響
・評価懸念がコーピングに どのような影響を与えるのか についての検討

心理学研究科 修士論文構想発表会

(第2回修士論文中間報告会) 発表者:修士課程2年次生
・感謝の記述における意識的志向性が気分の変化に及ぼす効果
・大学生が考える相談室及び保健室に対する認識の違いについての検討
・個人ユーモアおよび情緒的サポートユーモアとレジリエンシーの関係
・過去のいじめ被害体験が心的外傷後成長に至る過程と心身の健康に与える影響
 -感情曝露と熟考に着目して-
・大学生の「ひきこもり」に対する態度の検討

心理学研究科 第2回修士論文中間報告会


令和元年度子ども教育学研究科第2回修士論文中間報告会を開催しました。

11月14日(木)に本学3号館303教室で令和元年度子ども教育学研究科第2回修士論文中間報告会が開催されました。発表内容は次の通りです。

-発表内容-
(第2回修士論文中間報告会) 発表者:修士課程2年次生
・消滅可能性都市の持続可能性に向けた地域事業のありかた
・小学校におけるプログラミング教育に関する授業実践の分析と今後の課題
 -プログラミング的思考に着目して-

子ども教育学研究科 第2回修士論文中間報告会

© 2016-2020 Saitama Gakuen University. All rights reserved.