千代田区 公立保育士 合格

子ども発達学科

2024年3月卒業予定

埼玉県立新座柳瀬高等学校出身

 

私には妹と弟がいて幼い頃から妹弟や妹弟の友達の面倒を見ることが多く、自然と子どもが好きになりました。子どもが好きなことから子どもと関われる保育士になりたいと考え、本学に入学しました。

入学前から公務員試験を受けることを考えてはいましたが、特に対策等はしていませんでした。しかし、さまざまな授業を受けたり、先生方や先輩のお話を聞いたりする中で公務員試験を受けようという気持ちが強まり勉強を始めました。

勉強するといっても何から始めて良いかわからなかったので、本学で開講される「地方初級公務員試験対策講座」や「公立保育士対策講座」を受講し、筆記試験だけではなく面接対策等も行いました。面接対策では、本学の先生方だけではなく、外部の講師の方からもご指導いただくことで、より試験対策を綿密に行うことができたと思います。よく聞かれる質問やどのように答えれば良いかを事前に聞き、しっかりと対策しておくことで本番でもあまり緊張せず受け答えすることができました。

最後になりますが、私が公立保育士として就職が決まったのは、先生方やキャリアセンターの方々、外部講師の方、友人、家族などさまざまな人に支えられて自分も努力してきた結果だと思います。もちろん得意不得意もあるとは思いますが、自分が努力してきたことは結果として現れると思います。まずは小さなことでも自分のペースで努力して将来へ向けて頑張ってください。

c 2016-2024 Saitama Gakuen University. All rights reserved.