有名ホテルの館内視察をしてきました!

埼玉学園大学並びに川口短期大学では、学生のキャリア教育のため、多くの職場を知る機会を校外学習にて行っております。今回は、新宿に立地する高級ホテル「ハイアット リージェンシー 東京」様にご協力いただきまして、館内を視察させていただきました。

 

実施日: 令和3年1112日(金)

1400

ホテル地下1階宴会場「吉野」に集合、諸注意のあと、2班に分かれての館内視察開始

14:05

1階中国料理「翡翠宮(ひすいきゅう)」レストラン…開館以来の人気の北京・上海料理レストラン。某有名グルメバラエティ番組の収録がここで行われたと説明がありました。

3階バー「オードヴィー」…都会の隠れ家のような、落ち着いた雰囲気の大人のオーセンティックバーで、カウンターに座ってマネージャーとバーテンダーさんのお話しを伺いました。メニューには1本85万円のブランデーもあると聞いてびっくりしました!

スパ&ウェルネス「ジュール」…スパは多くのお客様より注目を浴びており、予約でいっぱいとのことでした。

フィットネスジム…ホテル最上階に位置する眺めのいいフィットネスジム。外国人ゲストは朝食前に都庁や新宿中央公園を窓から見ながらジョギングマシーンで汗をかくとのこと!

21階ゲストルーム「ビューデラックスルーム・キング」…道路を挟んで都庁が見渡せる眺望が贅沢‼

9階スイートルーム「アトリウムスイート」…9階にスイートルームフロアがある意味が分かりました。紅葉に色づいた新宿中央公園が一望でき「四季を楽しめる」コンセプトを学びました。

リージェンシークラブラウンジ…世界中のメンバーの方が朝食やカクテルタイムに利用できるメンバーズラウンジで、楽しそうに会食しているゲストに配慮して見学しました。

1515

宴会場「吉野」へ

15:20

15:30

質疑応答、6名の学生の質問にお二人から丁寧にお答えいただくことでさらに就活対象としてのシティホテルを強く意識し、他の学生の姿勢が刺激になった学生もいました。

 



 

【学生のコメント】

埼玉学園大学 経済経営学部 経済経営学科2年

一流と言われる理由が理解できました。内装へのこだわりが強く、従業員の方々も自分の役割を全うしており、やりがいをもって仕事をやれていると感じました。また、格式の高い企業だと従業員も素晴らしい人が必要だと感じる訪問でした。

 

川口短期大学 ビジネス実務学科1年

案内や話し方がとても柔らかく丁寧に感じました。社員が常に従業員やお客様の事を考えて行動している事を繰り返し話していたのが印象的でした。タオルが個包装してあることやアルコールの配置など感染対策が徹底されていて、清潔感を感じました。フロアごとに和風、洋風などテーマが違い、デザインからお客さんを楽しませる為にこだわっているのが伝わりました。上品なホテルなのでお堅い人が泊まるのかと思っていたが、宿泊以外の施設も沢山あり色々なお客さんがいらっしゃいました。通りすがる人に丁寧にお辞儀をしていてどのお客さんにも平等な接客を心掛けている印象を感じました。

 

 

冨吉光則 准教授(川口短期大学)のコメント】

滞在中のゲストに配慮しながら、2班に分かれて少人数での館内視察となりました。客室では安全安心な宿泊のためにゲストのスマートフォンでQRコードからサービスメニューを閲覧できるように配慮されていることや、ホテルブランドとともに場所柄外国人のゲストが多くそれに配慮した客室設備、世界中から宿泊されるメンバーの方々へのきめ細かなサービス体制、マルチタスクを取り入れたチームでの接客対応やホスピタリティマインドなど、実際に見て説明を受けることでしか分からない都心のハイグレードなシティホテルの魅力を堪能できた貴重な体験となりました。

参加した学生もこれからの応募に備えて個々で努力すべき点を再確認するなど就活を意識して意欲的に取り組んでいる姿勢が見え、ポストコロナに向けて、観光産業の復活を期待する企業・学生双方が、それぞれの活動を本格化し始めた印象を持ちました。

コロナ禍において出勤するスタッフも絞り込み、施設も一部クローズしている中、本学のために特別な館内視察をお受けいただき丁寧な対応をしていただいたスタッフの方々に心から感謝しております。

© 2016-2022 Saitama Gakuen University. All rights reserved.