宅地建物取引士【国家資格】に合格

 経済経営学部経済経営学科 4年生
 
 受講講座「宅地建物取引士資格試験講座【国家資格】」

 私は大学1年生の冬に、エクステンションセンターの資格取得講座の1つであるファイナンシャル・プランニング技能検定3級講座を受講している際に、不動産に触れたことで不動産について詳しく学びたいという好奇心が湧き、その時から宅地建物取引士資格試験講座を受講して資格を取得すると決めていました。

 この講座では、土地や建物といった不動産の評価方法や法律などに関する幅広い知識を学習します。最初は慣れない用語が多いですが、講師の方がイメージしやすいようにわかりやすく説明してくださるので、安心して受講することができます。

 私は、授業の合間や休日に資格試験の勉強に取り組みました。わからない所は、理解できるまで講師の方が親身になって教えてくださいました。実際に合格するまでの道のりは険しいものでしたが、講師の方をはじめ、家族や友人など支えてくださった方々のおかけで最後までやり遂げられ、【宅建合格】という成果を出すことができました。

 資格講座の勉強を通して、毎日少しずつでも学習を続けていくことの大切さに改めて気づかされました。そして、宅建に合格できたことは、これからの人生でさまざまなことに挑戦していく原動力となりますし、宅建によって得られた知識を活かしつつ、これからも学び続けながら成長していきたいと思っています。

 大学の授業と並行して資格の学習をすることは大変ですが、前向きに挑戦することで視野が広がり、様々な所で知識が役立つと思っていますので、資格講座の受講を強くお勧めします。

c 2016-2024 Saitama Gakuen University. All rights reserved.