教育方針(ポリシー)

Ⅰ.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

子ども発達学科は、「自立と共生」という本学の教育理念のもとに、社会人としての幅広い教養を持つとともに、子どもの心身の発達の理解を基本に、乳児・幼児・児童の保育、教育に関する専門知識と技能を備えた人間性豊かな人材の養成を目的とします。

学士(人間学)の学位は、本学に4年以上在学し、外国語科目4単位以上を含む全学共通科目を36単位以上、保育や初等教育に関する専門科目を68単位以上、他学科の専門科目又は他学部の開講科目から自由選択できる科目18単位以内、合計124単位以上を修得し、次のような知識・能力・態度を身につけた学生に授与します。

① 教育者・保育者としての人間性

・ 教育や保育に関する仕事の重要性を理解し、自ら積極的に子どもと関わることができる。

・ 子どもの権利を理解し、さらに人間尊重の精神を身につけている。

・ 人と人との関係において協調性を持ち、多様な人々と協力し合うことができる。

② 教育・保育における専門的知識と実践力

・ 子どもの発達過程におけるつまずきや虐待等に気づき、温かいまなざしで指導、支援できる力が身についている。

・ 教育実践と理論を結び付けて、実践をふり返る力が身についている。

・ 独善的な見方に陥ることのないように、実証的に物事をとらえ、科学的に思考する力が身についている。

③ 態度、志向性

・ 大学における講義や演習並びに実習を通じて学んだ事柄のみならず、自ら新しい価値を創造する努力ができる。

・ 自分の所属する社会の固定的な見方に固執することなく、常に世界的視野を持って多文化社会を理解する力がついている。

・ 教育や福祉の世界に身を置く自覚を持っている。

本学科では、以上のような学修の成果として、学士号の取得とともに、保育士資格、幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状について、複数の資格・免許を取得することが非常に重視されます。

Ⅱ.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

子ども発達学科では、子どもを乳児期(0歳児)から学童期(12歳児)までを主として学術研究の対象とする授業科目を編成しています。これは保育士資格、幼稚園教諭一種免許、小学校教諭一種免許について、複数の資格・免許の取得を目標として掲げた上で、さらに教育及び福祉の学術的探究を保証するカリキュラムとするためのものです。学生の「学ぶ楽しさ、知るよろこび」の体験と自立的・積極的な学修への取組みを促しながら、教育や保育の専門性を身につけてもらうため、人間性の育成を重視しています。また、広い視野をもち、実践力を身につけてもらうため、子ども発達学科の専門科目のみならず、全学の共通科目や他学科、他学部からの自由選択科目なども積極的に学ぶよう奨励しています。

① 教育者としての人間性

少人数演習形式の「教養演習」(1年次)、「基礎演習」(2年次)、「専門演習」(3年次)を配置し、保育・教育に関する問題の追究を通して、子どもと関わる意義について学修する。2・3年次の保育実習、3・4年次の教育実習を通じて、子ども理解を深め、一人ひとりを尊重する精神を形成する。また、人文、社会科学、自然科学、外国語などの科目を配置し、教育者としての幅広い教養を学修する。

② 教育・保育における専門的知識と実践力

教職課程に関する科目(小学校教諭免許、幼稚園教諭免許)及び保育士資格に関する科目と「保育実習」(2・3年次)、「教育実習」(3・4年次)より、理論と実践を往還できるように配置する。また、4年次秋期に「保育・教職実践演習」を配置し、これまでの大学での学びをもとに、就業に耐えうる専門的知識と実践力を身につける。

③ 態度、志向性

子ども発達学科専門科目「子どもの教育の歴史」や「多文化保育論」などの科目を通じて、多様な社会とその変化を受け止められるだけの問題意識を深める。さらに、実習に関する「事前・事後指導」や「保育・教職実践演習」を通して、教育や福祉の世界に身を置く自覚とその世界で中心的に活躍していこうとする態度を養う。

Ⅲ.入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

© 2016-2020 Saitama Gakuen University. All rights reserved.