特任教員の公募について(令和4年8月31日(水)必着)

1.公募期間

令和4年6月1日(水)から令和4年8月31日(水)必着

2.主要担当予定科目と採用人数

2.主要担当予定科目と採用人数

No.

主要担当予定科目

採用人数

英語Ⅰ、英語Ⅱ、英語学(概論)、英語学(各論)、英語学特論(文法論)、英語学特論(意味論・語用論)

1名

日本史学入門、日本史資料講読(古代・中世)、日本史特論(近世以前)、古文書学

1名

アニメ・ゲーム文化論、映像文化論、メディア教育論、社会学Ⅰ、社会学Ⅱ

1名

人間心理概論、教育心理学、発達心理学、人間心理調査法

1名

保育方法論、子どもの理解と援助、保育実習指導(保育所)、保育・教職実践演習(幼小)

1名

保育・教育課程論、道徳の指導法、特別活動の指導法

1名

保育原理、保育者論、乳児保育Ⅰ、乳児保育Ⅱ、保育実習指導(保育所)

1名

経済学総論、経済学、経済学入門

1名

国際経済論、マクロ経済論、国際金融論

1名

10

経営学総論、国際経営論、経営管理論

1名

11

マーケティング論、スポーツマーケティング論、スポーツマネジメント論

1名

3.待遇

(1) 雇用契約は、法人と本人との個別に契約する。
(2) 採用期間は、4年の任期付きである。
(3) 本学規則により、定年は65歳に達した日以後における最初の3月31日とする。

4.採用条件・時期

(1) No.4~6の採用は、文部科学省へ提出する教職免許課程の教員審査において、当該教員が認められることを条件とする。
(2) 採用時期は、令和5年4月1日付けである。

5.応募資格

(1) 博士課程を修了し、担当科目に関する博士の学位を有する者
(2) 上記に準ずる者

6.応募書類((1)~(3)所定の書式、本学HPよりダウンロード可能)

(1)個人調書及び教育研究業績書

    個人調書及び教育研究業績書の記入上の留意点

(2)担当科目のシラバス

    シラバス作成要領

(3)担当科目の教育に対する展望(600字程度)

(4)担当可能科目及び担当経験科目の名称(形式自由)

(5)最近5ヶ年間の代表的業績3点程度(博士論文がある場合は、同論文を提出)

(6)学位記の写し(修士及び博士)

※ご提供いただいた個人情報は人事選考以外の目的には使用いたしません。

7.身分

特任教員(特任教授、特任准教授、特任講師)とする。

8.選考方法

(1)第一選考:書類審査
(2)第二選考:模擬授業及び面接
※模擬授業及び面接の際の旅費等の必要経費は、応募者の負担となります。

9.書類提出先及び問い合わせ先

〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1510番地 埼玉学園大学

※ 封筒に「教員応募書類在中」と朱書きし、配達確認ができる方法で送付してください。

(問い合わせ先)

担 当:埼玉学園大学事務局長 鏡 俊 博

電 話:048-294-1110

FAX:048-294-0294

E-mail:koubo@saigaku.ac.jp

c 2016-2022 Saitama Gakuen University. All rights reserved.