教員・保育士養成支援センター

教員や保育士を目指す学生が100%利用する
教員・保育士養成支援センター

教員・保育士養成支援センターでは、幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭一種免許状、保育士資格の取得を目指す学生を1年次から4年間サポートします。

4つのポイント

Point 1 各種ガイダンスの開催
1年次春期より免許状・資格取得のためのガイダンスや実習先決定のためのガイダンスを開催。学生はここから目標に向かっての一歩を踏み出します。manabukoto-1
Point 2 実習中の対応を行います
実習施設との連絡のやりとりやトラブルの対応などを行います。manabukoto-2
Point 3 不安や悩みは何でも相談してください!
教員や保育士を目指す際には、不安や悩みはつきものです。心配なこと、困ったことがあれば、気軽に当センターに相談してください。manabukoto-3
Point 4 実習先は万全です
「実習先依頼のためのガイダンス」や「実習に関する個別相談」などの手厚いサポートを行い、毎年、希望者全員の実習先を決定しています。manabukoto-6
※小学校および施設の実習先については当センターが受け入れ先を確保しています。

教員実習・保育実習で学ぶこと

実習では、実際に教育現場に出て、より実践的な知識、技能、教育者・保育者としての姿勢を学びます。そのため、実習の前には必ず事前指導を行い、社会人としてのマナーや一般常識を身につけます。個性豊かな子どもたちとのふれあいを楽しむことはもちろん、座学で学んだ以上のことを体験することで、自覚をもって自発的に学ぶ気持ちが強く芽生えます。


公立保育士 合格者の声

 

3年次に「公立小・保育士特別支援講座」が開講され、そこから公立保育士への挑戦を始めました。自分一人ではなかなか勉強する気にならず、友人たちの支えのおかげで何とか就職を決めることができました。子どもたちが大人になった時も名前を覚えていてもらえるような保育士になりたいです。

将来は児童養護施設で働くのが目標です。公立保育士として就職を決めたのは、荒川区に児童相談所が新設される予定であること、行政の立場からより広い視野で子どもの支援を考えたいと思ったからです。センターの方をはじめ、大学の環境はとてもよく、埼学に進学して本当によかったです。


 

吉村 日出東

吉村 日出東 子ども発達学科 教授

教員・保育士養成支援センター長
免許・資格取得を望む学生の想いをサポート

埼玉学園大学には、教員や保育士を目指す、熱い志の学生が集まっています。本センターでは、資格取得のサポートはもちろん、学生の皆さんが専攻の垣根を取り払い、お互いに知り合う機会も用意しています。免許・資格取得を目指し、学びの幅を広げてください。


教員を目指す方へ
教員採用試験対策講座
教員採用試験の教職教養分野を中心とした講座です。一般教養科目は、Web講義で対策を行います。多くの学生が苦手とする論文を強化します(演習と添削)。筆記試験のほか、面接の対策も万全に行います。
小学校教員・公立保育士を目指す方へ
公立小・保育士特別支援講座
公立小学校教員、保育士採用試験の「基礎」と「実践」を段階的に学習していきます。本学の専任教員に加え、外部講師(元校長先生)による直接指導のもと、論文添削や個別面接指導など実践的に学びます。

免許状および資格の取得過程

[タップで拡大]

© 2016-2019 Saitama Gakuen University. All rights reserved.