平成30年度第2回修士論文中間報告会等を開催しました。

大学院各研究科において、平成30年度第2回修士論文中間報告会等を開催しました。


平成30年度経営学研究科博士学位論文検討会・第2回修士論文中間報告会を開催しました。

11月17日(土)に本学3号館201、202教室で平成30年度経営学研究科博士学位論文検討会・第2回修士論文中間報告会が開催されました。大学院生一人ひとりが研究の背景や目的、これまでの調査研究の進捗状況、今後の研究計画などを報告しました。各発表内容は次の通りです。

 

-発表内容-

(博士学位論文検討会)   発表者:博士後期課程3年次生

・中国の大気汚染防止政策と鉄鋼業SO₂削減対策に関する研究ー「宝山鉄鋼」と「新日鉄住金」の取組みの実態分析を中心にー

・バブル経済期・バブル経済崩壊以降の中小企業金融支援政策の課題に関する研究―鬼怒川温泉の生成・発展と足利銀行の特別危機管理銀行認定が提起した中小企業金融支援問題を中心にー

(第2回修士論文中間報告会)   発表者:博士前期課程2年次生

・農地等についての相続税の納税猶予及び免除等の特例に関する一考察

・台湾繊維産業における構造変化と繊維企業の発展課題-台湾生地商を取り巻く環境変化を通じて-

・ドイツと日本における環境税導入の経緯と課題

・ダイナミック・ケイパビリティに関する研究 ダイナミック・ケイパビリティの構築について

・給与所得控除に関する一考察

・所得税法56条についての一考察

・中国における株式市場の形成と発展―チャイナショック発生した原因を中心に―

経営学研究科 博士学位論文検討会

経営学研究科 第2回修士論文中間報告会


平成30年度心理学研究科修士論文構想発表会・第2回修士論文中間報告会を開催しました。

10月4日(木)に本学3号館心理学実験室で平成30年度心理学研究科修士論文構想発表会及び第2回修士論文中間報告会が開催されました。大学院生一人ひとりが研究の背景や目的、これまでの調査研究の進捗状況、今後の研究計画などを報告しました。各発表内容は次の通りです。

-発表内容-
(修士論文構想発表会)発表者:修士課程1年次生
・ポジティブ感情を組み込んだアサーション・プログラムが自尊感情に与える影響―大学生を対象としたポジティブ感情の活用による維持効果―
・相談室の利用を高めるための研究~相談室に来室しない生徒の性格特性と生徒の持つ相談室イメージや援助要請スキルとの関係~
・非日常空間がレジリエンスに与える影響
・過去のいじめ被害体験が心的外傷後成長に影響を及ぼす過程-ソーシャルサポートと意味づけに焦点を当てて-
・大学生のひきこもりのイメージに関する研究

(第2回修士論文中間報告会)発表者:修士課程2年次生
・マインドフルネス傾向が価値の明確化と注意制御に与える影響―レジリエンス・知的好奇心・楽観性との比較ー
・重要な他者と愛着スタイルがアイデンティティに及ぼす影響の検討
・ため込み行動の内的構造と適応機能に関する研究
・青年期前期の親への同一視が大学生のアイデンティティに与える影響ー親の養育態度を規定要因とした検討ー
・小学校高学年を対象にした「問題解決」スキルの習得を目的としたソーシャルスキル教育の実践研究
・大学生のデートDV被害の許容度に影響する要因
・過去の友人関係における心的外傷後成長が大学生活に及ぼす影響について

心理学研究科 修士論文構想発表会

心理学研究科 第2回修士論文中間報告会


平成30年度子ども教育学研究科第2回修士論文中間報告会を開催しました。

11月17日(土)に本学3号館502教室で平成30年度子ども教育学研究科第2回修士論文中間報告会が開催されました。発表内容は次の通りです。

-発表内容-
(第2回修士論文中間報告会)発表者:修士課程2年次生
・アメリカのヒーローから見る個と集団
-MARVEL映画作品の人間関係人間関係を中心に日米比較をして考える-

子ども教育学研究科 第2回修士論文中間報告会

Comments are closed.

© 2016-2019 Saitama Gakuen University. All rights reserved.