教員紹介(客員教授)

大学院(経営学研究科)客員教授の紹介です。

禹 宗杬 客員教授

担当科目 【前期課程】労務管理特論
【後期課程】労務管理特講
主な経歴 韓国ソウル大学校社会科学大学経済学科卒業
東京大学大学院経済学研究科博士課程中途退学、博士(経済学)
埼玉大学経済学部専任講師・助教授
The Graduate School of Management (Anderson School) at UCLA訪問研究員
埼玉大学人文社会科学研究科教授
研究テーマ概要 今までの雇用関係を分析し、これからの雇用関係を展望する。
人的資源管理・労使関係の歴史研究と国際比較をふまえ、市場と制度が交錯する地点から今後求められる雇用と報酬をデザインする。
主な著書・論文 『現場力の再構築へ―発言と効率の視点から―』(共編著)日本経済評論社、2014年。
『中国民営企業の雇用関係と企業間関係』(共著)明石書店、2013年。
『韓国の経営と労働』(編著)日本経済評論社、2010年。
『「身分の取引」と日本の雇用慣行―国鉄の事例分析―』日本経済評論社、2003年(第18回「冲永賞」および第10回「社会政策学会奨励賞」受賞)。
「アジアの賃金―『学歴別・熟練度別賃金』―」『大原社会問題研究所雑誌』No. 721、46-60頁、2018年。
「労働時間問題へのもう一つのアプローチ」『社会政策』第10巻第1号、75-83頁、2018年。
“Industrial Relations and Employment: Lessons from Korea?”, in Mouer, Ross (ed.), Globalizing Japan: Striving to Engage the World, Trans Pacific Press, 2015.
“Globalization and Enterprise Unions of Japan: The Paradox of ‘Employees as Important Stakeholders’”, Seoul Journal of Japanese Studies, Vol. 1, No. 1, 2015.
“The Evolution of Human Resource Management in Japan: Continuity, Change, and Enduring Challenges”, in Kaufman, B. (ed.), The Development of Human Resource Management Across Nations: Unity and Diversity, Cheltenham, UK: Edward Elgar, 2014.
所属する学会及び
社会における活動
社会政策学会(編集委員長、社会政策関連学会協議会副代表を経て、幹事)、政治経済学・経済史学会、Labor and Employment Relations Association。

江川 由紀雄 客員教授

担当科目 【後期課程】
ABS(仕組債)・金融機関格付評価特講
主な経歴 筑波大学比較文化学類卒業
ムーディーズジャパン
クレディスイス証券
ドイツ証券
日本銀行
新生証券調査部長
主な著書・論文 「実践 証券化入門」(シグマベイスキャピタル)
「サブプライム問題の教訓―証券化と格付けの精神―」(商事法務)
「サブプライム問題と証券化商品」(証券経済学会年報)
「証券事典」(共著、金融財政事情研究会)

岡嶋 慶 客員教授

担当科目 【後期課程】会計監査特論
主な経歴 慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得
静岡産業大学経営学部助教授
拓殖大学商学部教授
拓殖大学商学研究科担当
研究テーマ・概要 アメリカにおける監査基準の生成および発展過程の研究
主な著書・論文 「SEC監査規制史におけるマッケソン&ロビンス事件」(三田商学研究、慶應義塾大学)
「アメリカにおける監査基準の発展(上)・(下)─そのステートメント化プロセス─」(経営経理研究、拓殖大学)
“The Evolution of Audit Thought on Asset Verification during the Period 1880-1940: in the UK and the US pactices”(in Watanabe(ed.) Fair Value Accounting in Historical Perspective, Moriyama Shoten)
「SEC監査規制における監査基準の適用─エンフォースメント・アクションの史的分析─」(経営経理研究、拓殖大学)
所属する学会及び
社会における活動
日本会計研究学会、日本監査研究学会、日本会計史学会

小川 廣明 客員教授

担当科目 【前期課程】租税法特論、国際租税法特論
主な経歴 慶応大学経済学部卒業
名古屋国税局調査部国際調査課長
税務大学校研究部主任教授
成田税務署長
小川廣明税理士事務所所長
研究テーマ・概要 国際租税法
主な著書・論文 「OECD VATガイドラインの課題等:本支店取引を中心に」(税務大学校論叢87号)
「VAT/GSTの課題:本支店取引及び移転価格調整の取扱い」(租税研究2016年9月号)
「IFA年次総会(ムンバイ、バーゼル大会)の模様」(共著、税大ジャーナル25、26号)
所属する学会及び
社会における活動
国際租税学会

黒沢 義孝 客員教授

経済学博士

担当科目 【前期課程】
格付評価特論
【後期課程】
格付評価特講
主な経歴 北海道大学経済学部卒業
日本開発銀行(現、日本政策投資銀行)入行
日本大学経済学部教授(現:日本大学名誉教授)
NPOフェア・レーティング専務理事
主な著書・論文 「債券格付けの実際」(東洋経済新報社)
「激動する国際金融」(梓出版社)
「<格付け>の経済学」(PHP新書)
「格付け情報のパフォーマンス評価」(梓出版社)
「経済は格付けで動く」(中経出版)

近藤 光夫 客員教授

担当科目 【前期課程】
相続税法特論
主な経歴 【最終学歴】
神奈川大学法学部卒業
【主な職歴】
東京国税不服審判所国税審判官
東京国税局資産評価官
同資産課税課長
同国税訟務官室長
板橋税務署長
横浜中税務署長
近藤光夫税理士事務所所長
研究テーマ・概要 民法と密接不可分の関係にある相続税法の理論と課税実務上の問題点の研究
主な著書・論文 「税務の主要テーマの重点解説」(平成28年税理士桜友会編著、大蔵財務協会)
所属する学会及び
社会における活動
東京地方税理士会税務研究所研究員

関村 正悟 客員教授

担当科目 【前期課程】
証券市場特論
【後期課程】
現代ファイナンス論
主な経歴 横浜国立大学大学院経済学研究科修士課程終了
Stats Investment Management Co.Ltd Senior Advisor〈現職〉
IHI,大和証券、住友信託、メリルリンチ投資顧問、コメルツ投信、Investor Select Advisorsなどを経て現職。
国士舘大学政経学部非常勤講師〈現職〉
専修大学経済学部 兼任講師 {現職}
埼玉大学大学院、佐賀大学大学院、立教大学、成城大学、桜美林大学等で非常勤講師を務める
研究テーマ・概要 比較制度論から見た国際金融システム、ヘッジファンド投資論および資産運用論、金融規制の法と経済学、国際資本移動と為替レート
現代多国籍企業と国家の関係、法、言語、経済の社会システム論
主な著書・論文 共著「なぜドル本位制は終わらないのか」(文真堂)第5章「グローバルインバランスからグローバルシャドーバンキングへ」、論文「大学のビジネスモデルとガバナンス」、「AIJ事件とガバナンス」
所属する学会及び
社会における活動
日本金融学会、日本ファイナンス学会、ケインズ学会、人工知能学会金融情報研究会

髙田 敏男 客員教授

担当科目 【後期課程】法人税法特論
主な経歴 【最終学歴】
中央大学法学部卒業
【主な職歴】
大蔵省理財局国債課法規係長
東京国税局調査部調査審理課総括主査
同調査部統括国税調査官
多治見税務署長
東京国税不服審判所総括国税審判官
東村山税務署長
東京成徳大学講師
髙田税理士事務所所長
学校法人駿河台南学園監事
研究テーマ・概要 国税庁・東京国税局・東京国税不服審判所及び各税務署において、所得税・資産税及び法人税の実務と審理を担当してきた経験を活かして、税法理論、特に法人税法の深淵を極めるつもりで研究を続けている。
主な著書・論文 「法人税の重要計算(平成26~30年版)」(分担執筆、中央経済社)
所属する学会及び
社会における活動
日本税務会計学会

高橋 均 客員教授

博士(経営法)
担当科目 【前期課程】
会社法特論
主な経歴 北海道大学経済学部卒業
筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業法学専攻修士課程修了
一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務専攻博士後期課程修了
新日本製鐵株式会社(現、日本製鉄㈱)監査役事務局部長
社団法人日本監査役協会常務理事
獨協大学大学院法務研究科教授
埼玉大学大学院博士後期課程客員教授兼任
獨協大学法学部教授
研究テーマ・概要 専門領域は、商法・会社法、金融商品取引法、企業法務。とりわけ、会社役員の法的責任とコーポレートガバナンスの 在り方、企業集団のリスク管理の法的論点について、法理論と実務双方からのアプローチによる研究を行っている。
主な著書・論文 『株主代表訴訟の理論と制度改正の課題』同文舘出版(2008)
『最新・金融商品取引法ガイドブック』新日本法規出版(共編著、2009)
『会社役員の法的責任とコーポレートガバナンス』同文舘(共編著、2010)
『世界の法律情報~グローバル・リーガルリサーチ』文眞堂(共編著、2016)
『実務の視点から考える会社法』中央経済社(2017)
『グループ会社リスク管理の法務(第3版)』中央経済社(2018)
『監査役監査の実務と対応(第6版)』同文舘(2018)
所属する学会及び
社会における活動
企業法学会(理事)
国際取引法学会(理事)
日本私法学会
日米法学会
日本内部統制研究学会
日本監査研究学会
(社)GBL(グローバルビジネスロー)研究所理事

近田 典行 客員教授

博士(経営学)
担当科目 【後期課程】国際会計特講
主な経歴 明治大学大学院経営学研究科経営学専攻博士後期課程
明海大学不動産学部教授
埼玉大学経済学部教授(埼玉大学名誉教授)
目白大学経営学部教授
研究テーマ・概要 財務会計領域(不動産会計、建設業会計、国際会計)
【科学研究費取得状況】
・平成19年度~平成21年度 基盤研究(C)「意思決定指向的REIT会計制度の体系化形成理論の研究」
・平成22年度~平成24年度 基盤研究(C)「企業不動産の鑑定評価と会計測定の異同性分析と目的適合的統合化理論の形成」
・平成25年度~平成27年度 基盤研究(C)「国際比較分析に基づく不動産投資法人の原則主義的財務報告基準と論理の帰納的導出」
主な著書・論文 『投資不動産の財務報告』、『不動産アカウンティング』、『会計学ベーシック』(以上、中央経済社)、『国際会計論』、『国際会計基準精説』(以上、白桃書房)、「クリエイティブ/アカウンティング-利益創作会計」(東洋経済新報社)、『工事契約会計』(清文社)、『環境危機と会計情報』(学文社)『環境会計の現状と課題』(同文舘)他
所属する学会及び
社会における活動
日本会計研究学会(評議員)、グローバル会計学会(理事)、日本簿記学会、企業会計基準委員会工事契約委員会委員、日本賃貸住宅管理協会委員会(委員長)、さいたま市財産評価委員会(委員長)、建設産業経理研究所研究顧問など

ページの先頭へ戻る

椿 隆 客員教授

担当科目 【前期課程】
消費税法特論
主な経歴 【最終学歴】
中央大学商学部卒業
【主な職歴】
国税庁課税総括課審理室課長補佐
国税庁課税総括課消費税室課長補佐
税務大学校総合教育部教授
東京国税局調査第一部特別国税調査官
東京国税局課税第二部統括国税調査官(間接税担当)
横須賀税務署長
東京国税局調査第二部・第三部統括国税調査官
横浜南税務署長
椿隆税理士事務所所長
研究テーマ・概要 消費税の理論と実務上の問題点の研究
主な著書・論文 【主な著書】
・ポイントで理解する消費税改正(税務研究会)
・消費税の実務と対策(第一法規出版)
・消費税質疑応答集(共著、大蔵財務協会)
・消費税基本通達逐条解説(共著、大蔵財務協会)

冨家 友道 客員教授

担当科目 【前期課程】
リスクマネジメント特論
【後期課程】
リスクマネジメント特講
主な経歴 東京大学教養学部基礎科学科数学教室
アンダーセン・コンサルティング 北アジア資本市場グループヘッド
金融監督庁 参事、
みずほ証券 経営企画グループ
ProtivitiLLC MD
三井住友アセットマネジメント 理事
研究テーマ・概要 金融システム論、リスクマネジメント論
主な著書・論文 “金融機関勝者の戦略”(東洋経済新報社)
“金融危機と規制強化のインプリケーション” 2010年 政策科学学会
所属する学会及び
社会における活動
政策科学学会
言論NPO

濱本 道正 客員教授

担当科目 【前期課程】
財務会計特論
【後期課程】
財務会計特講
主な経歴 東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得
横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授
横浜国立大学評議員
米国ミシガン大学ビジネススクール客員研究員
埼玉学園大学経済経営学部教授
横浜国立大学名誉教授
研究テーマ・概要 財務会計の理論と政策
財務会計の基礎理論および会計基準の経済的影響に関する研究
主な著書・論文 『企業会計と法制度』(「体系現代会計学」第5巻、共著、中央経済社、2011年)
『財務報告の変革』(共著、中央経済社、2011年)
「請負契約における収益認識について」『企業会計』第63巻第6号(2011年6月)
「IFRS『収益認識公開草案』をめぐる課題整理」『建設業の経理』第62号(2013年1月)
「工事契約からみたIFRS収益認識モデルについて」『青山経営論集』第48巻第2号(2013年9月)
「会計基準の国際的統合化と建設業会計」『建設業の経営』2014年版(2014年12月)
「財務会計の基本概念としての報告企業について」『経営管理研究』第5号(2015年7月)
「会計基準のグローバル化と建設業会計」『建設業の経営』2015年版(2015年12月)
所属する学会及び
社会における活動
日本会計研究学会、日本簿記学会、日本経営管理学会(理事)、建設産業経理研究機構(理事)、企業会計審議会臨時委員(元)、公認会計士試験委員(元)

星 惠美子 客員教授

担当科目 【前期課程】所得税法特論
主な経歴 【最終学歴】共立女子短期大学文科第二部卒業

【主な職歴】東京国税局課税第一部個人課税課実務指導専門官
東京国税不服審判所副審判官
税務大学校総合教育部教授
江戸川北税務署副署長
小石川税務署長
星惠美子税理士事務所所長

研究テーマ・概要
主な著書・論文 税大講本「所得税法」(分担執筆(改訂)、税務大学校)
所属する学会及び
社会における活動

 

本澤 実 客員教授

博士(経済学)
担当科目 【前期課程】
国際金融論特論
【後期課程】
国際金融論特講
主な経歴 東京大学農学部農業経済学科卒業
英国ケンブリッジ大学大学院経済学修士課程修了
埼玉大学大学院経済科学研究科博士後期課程修了
上武大学大学院客員教授
日本みらいキャピタル株式会社前副社長
KEIRETSU JAPAN株式会社最高顧問
研究テーマ・概要 債務・通貨危機の研究、国際金融システムの研究
主な著書・論文 「国際金融システムの再構築」(御茶の水書房)
「会社法と会社財務・会計の新展開」(共著、泉文堂)
「金融再生の視点からのプレイディ構想の再評価」(証券経済年報)
所属する学会及び
社会における活動
政策科学学会(理事)、証券経済学会、日本経営財務研究学会、日本財務管理学会
公益財団法人原田積善会評議員、一般財団法人渥美和彦記念財団学術委員など

森田 隆大 客員教授

担当科目 【後期課程】
民間企業・ソブリン格付評価特講
主な経歴 ニューヨーク大学経営大学院卒業
ファースト・シカゴ銀行
ムーディーズ・インベスターズ・サービス 日本・アジア担当格付アナリスト
ムーディーズ・インベスターズ・サービス 格付委員会議長
ムーディーズ・インベスターズ・サービス 日韓事業会社格付部門統括責任者
立命館大学金融・法・税務研究センターシニアフェロー
法政大学大学院 兼任講師
ワールド ゴールド カウンシル日本代表
森田アソシエイツ 代表
MSクレジットリサーチ 取締役兼評価委員会議長
NPOフェア・レーティング 代表理事
主な著書・論文 「格付けの深層」(日本経済新聞出版社)
「信用リスク分析―総論」(共著、金融財政事情研究会)
「Global Credit Analysis」(共著、IFR)
「資本市場と電力」(共著、電力自由化シリーズ 電気新聞ブックス)
「競争下の危機管理」(共著、電力自由化シリーズ 電気新聞ブックス)

米山 徹幸 客員教授

担当科目 【前期課程】IRと金融情報特論
【後期課程】IRと金融情報特講
主な経歴 【最終学歴】
慶應義塾大学大学院文学研究科仏語仏文学修士課程修了
【主な職歴】
大和証券、大和インベスター・リレーションズ、大和総研
研究テーマ・概要 金融・証券市場向け企業情報
主な著書・論文 【主な著書】
「大買収時代の企業情報」(単著、朝日新聞)
「広辞苑第六版」(共同執筆、岩波書店)
「21世紀の企業情報開示 ~欧米市場におけるIR活動の展開と課題~」(単著 社会評論社)
「貨幣と金融」(共著 社会評論社)
「現代社会における経済・経営のダイナミズム」(共著 社会評論社)
「イチから知る!IR実務」(単著 日刊工業新聞社)
「イチから知る!フェア・ディスクロージャー・ルール」(単著 きんざい)
【主な論文】
「IRとソーシャルメディアの進展」(証券経済研究第85号 2014年3月)
「トンプソン後のNIRI(全米IR協会)の進展」(証券経済研究第94号 2016年6月)
「The sun also rises on best practice」(’Informed’ IR Society AUTUMN 2016)
「英国IR協会、IRベストプラクティス・ガイドライン(ウェブサイト編)の進展」(証券経済研究第101号 2018年3月)
所属する学会及び
社会における活動
政策科学学会理事、IR学会評議員、証券経済学会、XBRL JAPAN客員会員。
経済産業省「特許・技術情報の開示指針研究会」委員、日本証券業協会「個人投資家を考える会」副座長。

© 2016-2019 Saitama Gakuen University. All rights reserved.